パントガールやルグゼバイブはサプリメントなのか?

「飲む育毛剤」として世界30ヶ国以上で販売され、日本の薄毛治療クリニックでも処方されるパントガールや、それをさらにパワーアップさせた注目の新星ルグゼバイブ。

服用する発毛剤ではプロペシアなどに使われるフィナステリドやミノキシジルがあるものの、これらは元々が別の病気の治療薬という経緯があり、また主成分が1つである事から“治療薬”と言われても違和感を感じません。

ただ、これは“発毛剤”の話であり、一般的に“育毛剤”はマイナチュレに代表されるような頭皮に塗布する外用薬です。

パントガールやルグゼバイブは複数の成分で構成され、またその成分はサプリメントでも用いられる成分がほとんどであるため「飲む育毛剤」という表現に若干の違和感を感じ、「どちらかというとサプリメントでは?」という疑問が生じます。

それでも「サプリメント」という表現が使われないパントガールやルグゼバイブ、その秘密に迫って行きたいと思います。

パントガール・ルグゼバイブの成分は?

育毛剤かサプリメントかを考える上で重要となるのはやはり成分だと思います。

パントガールとルグゼバイブの成分と成分量は基本的な部分でまったく同一になっており、赤字の部分はルグゼバイブのみが配合する成分となっています。

パントガールとルグゼバイブの成分

パントガールとルグゼバイブの共通部分では髪の毛の主成分となる「ケラチン」というたんぱく質と、そのケラチンを構成する18のアミノ酸のひとつ「L-シスチン」、そして髪の成長に欠かせないビタミンB郡という構成になっています。

これらはすべてサプリメントとしても発売されている成分で、ルグゼバイブにのみ配合される牛の初乳「コロストラム」と高価な「馬プラセンタ」にしても同様です。

つまりパントガールもルグゼバイブも独自の高い効果を示す育毛成分を配合しているというわけではなく、髪の成長に必要な成分のみに特化し余計なものを省く事によってその純度を高めているものであると言えます。

これは女性用の育毛サプリメントでも特に効果の高いマイナチュレサプリやBOSTONレディースの「髪に必要な成分はもちろん健康や美容成分もふんだんに配合し総合的な育毛・美容を目指す」という観点とは大きく異なります。

パントガールやルグゼバイブは成分的にはサプリメントの域を出ないものの、医学的な観点から髪の成長に必要な成分のみを高濃度で配合しているという点で「育毛剤」と呼ぶに相応しいという事なのでしょうか。

■パントガールやルグゼバイブの成分はサプリメントの域を出ない
■髪の成長に必要な成分のみを高濃度で配合しているが故の「育毛剤」

パントガールやルグゼバイブはサプリメント?まとめ

ここまで取り上げたようにパントガールやルグゼバイブは成分的にすべてサプリメントの域を出ないものという判断ができます。

しかし、これらは日本における育毛サプリメントとは考え方が異なり、プロペシアやミノキシジルタブレットといった内服薬の発毛剤と同様に“髪の毛を生やす事だけを考えた成分”という点で一致しており、これが「飲む育毛剤」と呼ばれる所以になっています。

パントガールが世界中で使われている事からも育毛剤としての効果に疑いようはなく、また日本の女性向け育毛剤と比べてもより高い効果を期待できる点を考慮すれば、パントガールやルグゼバイブを“育毛剤”と呼ぶ事に違和感はありません。

ただ、女性の薄毛は生活習慣や食生活の乱れによってホルモンバランスが崩れてしまう事が原因に挙げられるので、マイナチュレサプリBOSTONレディースに代表されるオールインワンの育毛サプリメントの「美容・健康・育毛を総合的に改善する」という考え方は十分に共感できますし、場合によってはこちらの方が根本的な解決になると感じます。

パントガールやルグゼバイブとマイナチュレサプリなどに価格的な差はあまりないので、明らかに栄養バランスなどが崩れていて育毛はもちろん健康から美容まで広くカバーしたい場合はマイナチュレサプリやBOSTONレディースを、それ以外ではパントガールやルグゼバイブを使用するというのが賢い選択となるでしょう。

「パントガールやルグゼバイブはサプリメントか?」という点に関しては、サプリメントに近い存在ながらも成分や配合量の妙で高い効果を発揮し育毛剤と呼ばれるまでに昇華したという考え方になります。

パントガールの詳細

ルグゼバイブの公式サイト

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事