女性の育毛を考えたマイナチュレシャンプー

大人気女性用育毛剤ブランドのシャンプー

マイナチュレといえば女性用育毛剤としてトップクラスの人気を誇り、薄毛の対策などをしている方であればご存知の方も多いと思います。

そんなマイナチュレが女性の薄毛を改善させるために作ったシャンプーが「マイナチュレシャンプー」で、育毛剤同様に高い効果が望め非常に高い人気を獲得しています。

シャンプーでありながら育毛剤で使われる有効成分をはじめ計29種の天然由来成分を配合し、市販のシャンプーのほとんどが使っている高級アルコール系や石油系の界面活性剤をはじめシリコンや着色料、パラベンなど頭皮に悪影響が出る可能性のある成分を一切使っていません。

非常に人気の高い女性用育毛剤を作っているメーカーだけあって界面活性剤や各主成分など女性の頭皮や髪の毛を徹底的に考えたシャンプーになっていますが、具体的にマイナチュレシャンプーはどういった特徴があるのでしょうか?

シャンプーの界面活性剤で最良のアミノ酸系洗浄成分

シャンプーを語る上でまず真っ先に取り上げなければならないのが「どんな界面活性剤(洗浄成分)を使っているか」であり、最も重要な要素になります。

界面活性剤は細かく分けると様々な種類がありますが、例えば市販の多くのシャンプーに使われている「高級アルコール系(石油系)」の界面活性剤は非常に強い洗浄力と泡立ちの良さなどが特徴で、その強い洗浄力ゆえに頭皮や髪の毛の皮脂を過剰に取ってしまいダメージを与え、場合によっては薄毛を誘引する事でも知られています。

非常に安価でありながら強い洗浄力と泡立ちがあるのでドラッグストアやスーパーなどに売られている多くのシャンプーに採用されており、テレビCMなどでもおなじみのラッ○スやエッセン○ャル、メ○ットからパン○ーンに至るまで、ほとんどが「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」といった高級アルコール系の界面活性剤を使用しています。

最近は「石鹸系」の洗浄成分を使うものもあり、よく目にするものだとシャボン玉せっけんの無添加せっけんシャンプーなどが有名。

洗浄力が強くアルカリ性であるため洗い上がりの髪の毛がごわついてしまう特徴がありますが、安全性が高く高級アルコール系の洗浄成分に比べ刺激が少なくなっています。

そして「アミノ酸系」の洗浄成分ですが、これは洗浄力がマイルドで皮脂を取り過ぎるような事もないため頭皮や髪の毛へのダメージがほとんどなく、またアミノ酸という性質上髪の毛のたんぱく質を補いますし、保湿力もあります。

あえてデメリットを挙げると弱い洗浄力ですが、髪や頭皮の汚れは洗う前の30秒~1分のお湯による素洗いだけでも7割程度の汚れは落ちるので、そもそもシャンプーに強い洗浄力は必要ありません。

■市販のシャンプーのほとんどは高級アルコール系の界面活性剤使用
■石鹸系の洗浄成分は安全性が高いものの髪がゴワゴワしがち
■アミノ酸系の洗浄成分は洗浄力がマイルドでダメージを与えない

マイナチュレシャンプーのアミノ酸系洗浄成分は高級

シャンプーに使われる界面活性剤は上で書いたように現状ではアミノ酸系が最良とされており、女性の育毛を考えたマイナチュレーシャンプーも当然アミノ酸系の洗浄成分を使っています。

マイナチュレシャンプーの洗浄成分

一口に「アミノ酸系の界面活性剤」といってもランクが存在し、たとえば安価なアミノ酸系、ノンシリコンシャンプーとして人気のある「いち髪」などに使われる「ラウレスサルコシン」というアミノ酸系の界面活性剤は頭皮に残留しやすく、またアミノ酸系としては洗浄力も強くなっています。

一方のマイナチュレシャンプーに使われているアミノ酸系界面活性剤「ラウロイルメチルアラニンNa」は洗浄力がマイルドで刺激が少なく保湿性、安全性共に高い優れた洗浄成分なのですが、高価なのがデメリットであり主に高級シャンプーで使用されています。

ただ、髪の毛は女性の美しさを表現する上で非常に重要な部分なので、薄毛に悩む方はもちろんそういった悩みのない方にもシャンプーはこだわって欲しいですね。

■一口にアミノ酸系界面活性剤といっても様々な種類、ランクがある
■マイナチュレの界面活性剤は高級で質の高いラウロイルメチルアラニンNa

界面活性剤以外の成分は?

育毛シャンプーにとって重要なのは界面活性剤だけではありません。

薄毛や抜け毛を予防し育毛をサポートするにはそれなりの成分が必要になり、育毛シャンプーの性能を計る上で重要な要素になるのですが、マイナチュレの成分はどうなっているのでしょうか?

マイナチュレシャンプーの成分

マイナチュレシャンプーの成分は上記の29の天然由来成分からなり、育毛剤の有効成分として多く使われるセンブリエキスやグリチルリチン酸をはじめ、ビワ葉エキスやダイズ種子エキス、酵母エキスといった育毛系成分がふんだんに使われています。

一方で頭皮や髪の毛に悪影響が出かねない「シリコン・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・合成ポリマー・タール系色素・酸化防止剤」の9成分を使用せず無添加にこだわっています。

この辺は育毛剤のマイナチュレと共通しており、女性用育毛剤メーカーとしての強みや経験を最大限活かしている印象を受けます。

■マイナチュレシャンプーの成分は育毛剤にも使われるものが多い
■無添加にこだわり頭皮や髪に悪影響があるものを徹底的に廃している

マイナチュレシャンプーの価格は?

マイナチュレシャンプーが育毛を強力にサポートするのはもちろん、シャンプーとして見ても非常に質の高いものですが、やはり気になるのは「価格」で、どんなに良いものでも手に届かない価格では意味がありません。

マイナチュレシャンプーの基本的なラインナップは3つで、それぞれの価格や送料の有無などは以下のようになっています。

商品名 内容量 使用期間 送料 価格
定期コース 200ml 1ヶ月 無料 2,704円(税別)
単品購入 200ml 1ヶ月 650円 3,180円(税別)
3本セット 200ml×3 3ヶ月 無料 9,540円(税別)
(2015年12月現在)    

見ての通り送料無料で1本あたりの単価も安くなる定期コースが圧倒的にお得で、使用者の9割以上がこの定期コースを使用しています。

気になるのはこの「シャンプーに約3,000円」という価格設定で、ドラッグストアなどで市販のシャンプーを買うのであれば300~500円程度で事足りる中でマイナチュレシャンプーの3,000円前後というのは明らかに高価と言えるでしょう。

ただ、美容室などのシャンプーを購入したりした事のある方なら分かると思いますが、良質なアミノ酸系洗浄成分やノンシリコンその他髪や頭皮の事を第一に考えたシャンプーは総じて価格も高くなってしまい、これらのシャンプーが数千円するのは一般的です。

それに加えマイナチュレシャンプーは「育毛」というテーマもあり、そういった事を総合的に考えると約3,000円という価格は決して高くはありません。

薄毛や抜け毛に悩んでおり育毛シャンプーの使用を考えている方や他のシャンプーからの乗り換えを考えている方にはこのシャンプーの使用を検討してみて下さい。

マイナチュレ・シャンプーの公式サイトへ≫

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事