薄毛が気になる女性の正しいシャンプーの選び方

正しいシャンプー選びは育毛への第一歩

シャンプーの選び方 「あれ、最近髪の毛が薄くなってきた?」

男性のものと思われがちな薄毛ですが、近年は女性の社会進出により生活習慣や食生活が乱れ、それらに伴って女性の薄毛が急増しています。

特に女性ホルモンが減少しだす30代以降でその傾向が顕著で、まだまだ若いと思われる30代40代の女性が薄毛に悩むケースが非常に増えています。

そういった場合、出来る事なら生活習慣を見直す事がベストですが、忙しい現代の女性ではなかなかそうも行かず、それなら育毛剤の使用が最も効果が高いものの、価格や敷居の高さから「だからといって育毛剤はちょっと…」と敬遠してしまう方も多いでしょう。

そうなると、やはり毛髪ケアとして最も身近で手間もかからず、かつ費用も抑えられるシャンプーを見直す事が育毛への第一歩となりますので、ここでは正しいシャンプーの選び方を取り上げてみたいと思います。

間違ったシャンプー選びが薄毛を進行させる?

多くの女性は市販の有名なシャンプーを使っていると思います。

TVでCMなどが流れ雑誌などでも大きく紹介されている有名シャンプーは髪や頭皮に良さそうな印象を与えますが、現実はそうではありません。

多大な広告費を使っているにも関わらず数百円で買えるそれらのシャンプーの中身は非常に安価に作られており、そのほとんどは石油系(高級アルコール系)の洗浄成分とシリコンを使い、添加物もてんこ盛りです。

特に石油系の洗浄成分は強すぎる洗浄力により頭皮の保護を担っている皮脂を過剰に取り去ってしまい、頭皮環境を悪化させます。

女性の薄毛は生活習慣の乱れなどによってホルモンバランスが崩れたり頭皮環境が悪化したりして引き起こされ、男性に比べ皮脂の分泌量が少ない女性の頭皮環境の悪化は思った以上に深刻ですので、薄毛の改善を考えるならまず正しいシャンプーを選ぶようにして下さい。

■市販のシャンプーの多くは石油系洗浄成分でシリコンなどの添加物が多い
■頭皮環境が悪化しやすい女性は特にシャンプー選びの注意する

薄毛改善にどんなシャンプーを選べばいいのか

薄毛や頭皮環境の改善を第一に考えた場合、シャンプー選びの最低限の条件は「アミノ酸系洗浄成分」と「ノンシリコン」です。

アミノ酸系の洗浄成分は石油系や高級アルコール系とは異なり洗浄力がマイルドで、頭皮の皮脂を過剰に取り去ってしまう事を防ぎます。

また、アミノ酸は髪や頭皮はもちろん人間の体を作っているたんぱく質の元となる成分のため肌との親和性が高く、そういった面でも頭皮や髪に優しい洗浄成分なので、安さを追求しないある程度の価格以上のシャンプーの多くはこれを採用しています。

そして何かと悪者にされがちな「シリコン」ですが、これには根拠があります。

シリコンがシャンプーに入っていると髪がコーティングされ“きしみ”や“ごわつき”を抑えてくれるので、強すぎる洗浄力で髪や頭皮を傷める石油系洗浄成分の粗を隠すのに役立っています。

たまに「ノンシリコン」だけを売りにして洗浄成分は石油系のシャンプーなどがあり、そういったシャンプーが洗い上がりにゴワゴワすると言われる理由はそこにあります。

そう、シリコンは髪の毛がツヤツヤサラサラになったと錯覚させる成分で、またシリコンは頭皮に残りやすいためそれがフケやかゆみなど頭皮環境の悪化に繋がる場合もあります

ですから、理想はシリコンを使わないにも関わらずキシキシゴワゴワしない事であり、頭皮や髪を第一に考えたシャンプーはここにこだわって作られています。

■シリコンが演出するツヤツヤサラサラは“まやかし”
■薄毛改善に繋がるシャンプーの最低条件はアミノ酸系とノンシリコン

おすすめのシャンプー「育毛特化編」

アミノ酸系洗浄成分とノンシリコンのシャンプーは様々あり、それぞれが色々な特徴を備えていますが、それらをいくつも紹介すると長くなってしまうので、ここでは「育毛特化」と「価格特化」に絞り2つのシャンプーを紹介します。

マイナチュレシャンプー まずは育毛に特化したシャンプーである「マイナチュレシャンプー」。

これは女性用育毛剤として1、2を争う人気のマイナチュレがそのノウハウを活かして作ったシャンプーで、アミノ酸洗浄成分の中でも特に質の高い「ラウロイルメチルアラニンNa」を使用し、頭皮の環境を整え育毛をサポートする天然成分が29種配合されています。

当然ノンシリコンであり、色々な育毛シャンプーを見てきた中でもマイナチュレシャンプーのこだわりは相当なものと感じています。

ただ…200ml1か月分で3,000円近くしてしまう価格は大きなマイナス点で、これならマイナチュレの育毛剤を使ったほうが良いような気もするのが玉に瑕…

これはあくまでも「育毛」という観点に重きを置いたチョイスで、これを上回る育毛シャンプーはなかなか無いので参考までに。

マイナチュレ・シャンプーの詳細

おすすめのシャンプー「価格特化編」

ラフィーの詰め替え用 一方、アミノ酸系洗浄成分とノンシリコンのシャンプーを安く使いたいという場合のおすすめは「ラフィーシャンプー」。

これは詰め替え用がメインの商品となっているのですが、単品での購入で1000mlが4,800円となっており、トリートメントとのセットであればシャンプー1000mlとトリートメント1000mlで7,200円で1つあたりの単価は3,600円に。

上で紹介したばかりで比べるのも気が引けるものの、マイナチュレシャンプーが200mlで3,000円近くする事を考えればラフィーの安さを感じてもらえると思います。

一般的なアミノ酸系ノンシリコンのシャンプーでも300~400mlで3,000円前後しますから、およそ半額で使えるといった印象でしょうか。

公式には使用期間3ヶ月となっているものの、1000mlあればよほど髪が長い方でもない限り4~5ヶ月は持つ量なので、適当なシャンプーの空き容器などを使うとかなり費用を抑えることが出来ます。

安いからといって成分が別段劣るわけでもなく様々なコストを削った結果の価格なので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ラフィーシャンプー&トリートメントの詳細

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事