独身女性はハゲやすい? 実感とデータで検証

改めて実感する女性の薄毛の多さ

改めて実感する女性の薄毛

私自身が30代女性で薄毛に悩んでいるとあって周囲の女性の髪の毛は敏感にチェックしてしまう癖があり、ついつい女性の髪の毛を見てしまうようになってしまったからなのか最近は女性の薄毛が妙に目立つように感じています。

女性の薄毛を意識する前は「ハゲ=男性」という印象しかありませんでしたが、いざ自分が薄毛になってみて注意深く周りを見渡してみると薄毛女性の多いこと多いこと…

そんな30代ハゲ女による厳しい女性の薄毛チェックで見えてきたことは「独身女性は予想以上に薄毛が多いな…」という点。ここでは独身女性と薄毛の関係について実感とデータをもとに書き綴っていきたいと思います。

独身女性は予想以上にハゲている

かつては「髪は女の命」なんてフレーズがあり、女性の髪の毛に「美しいか・美しくないか」という判断基準はあっても「ハゲているかどうか」なんて問題は男性のものだけだと思っていましたが、よーく見渡してみれば女性の薄毛は非常の多いことが分かります。

ハゲる女の特徴 薄毛になる女性の意外な共通点」でちょっと面白おかしく薄毛になる女性の特徴について触れていますが、やはり太っている女性の薄毛率は群を抜いている印象を受けます。

また、これは私の周囲だけの問題かもしれませんが、30代以降の独身女性に薄毛が多い傾向にあり、私は目に見えて太ってはいませんがこれには当てはまります。

独身だからハゲているのか、ハゲているから独身なのかまでは分からないものの、独身の場合男女問わず8年ほど寿命が短いことを考えても、そこには生活習慣や食生活の乱れなどが隠れている気がしてなりません。

独身女性は夫や子供など大切な人の栄養バランスまで考える必要はありませんから食事が不規則かつ栄養バランスが乱れがちで、コンビニ弁当や外食に頼っている人は多く、特に一人暮らしをしている女性でこれは顕著です。

食事や栄養バランスに気を使う既婚者や収入の多い人の寿命が長いことは世界的にデータとして示されており、体の健康と髪の健康は無関係ではないのではないでしょうか。

■実感として30代以降の独身女性の薄毛率は既婚女性と比べ明らかに高い
■男女問わず独身だと8年ほど寿命が短いことは薄毛の多さとの関係性も

独身女性は女性ホルモンの分泌が少ない?

既婚・独身が栄養や食事に影響を与えるのは間違いありませんが、結婚し男性と常に接している状況では髪の成長や美しさに直結する女性ホルモン「エストロゲン」が独身女性より多く分泌され、それが髪の毛に良い影響を与えている可能性も捨てきれません。

ちょっとデリケートな問題ですが、女性のオナニーセックスがエストロゲンの分泌に影響しているのは間違いなく、特に定期的な男性との性交渉は女性らしさを確実に高め薄毛の予防に繋がります。

30代以降の独身女性には夫がいないのはもちろん彼氏すらいないことが非常に多く、そういった面もハゲが多い一因になっていると考えられるのです。

…耳が痛い…

また、いわゆる「母性本能」には「オキシトシン」というホルモンが影響し、これは薄毛の原因にもなるストレスを鎮める働きがあるため、結婚や子育てなどで“女性”を強く意識する状況下では様々なホルモンが髪の毛に良い影響を与えているのかもしれません。

■独身女性は性的な面で女性ホルモンが分泌されにくい
■結婚や出産・子育てという、いわゆる“女性らしさ”が髪に好影響か

結論!独身女性はハゲやすい

独身女性と薄毛の関係について書いてきましたがいかがだったでしょうか。

独身女性でも体のことを考え食事に気を使っている方、彼氏との円満な関係で女性ホルモンがしっかりと分泌されている方はいらっしゃるでしょうが、傾向としては食事が疎か、女性を意識する場面が少なくなりがちなのは間違いなく、これは髪の毛にとって確実にマイナスになるでしょう。

独身女性が薄毛を改善・予防するには食事に気を使うのはもちろん「自分は女性なんだ」と強く意識する場面を増やす必要があります。

…ぶっちゃけ生きていくだけの生活なら男も女も変わりませんからね。

女性を意識するには彼氏を作ったり恋をしたりするのがもっとも効果的だと思いますが、こればかりは相手がいないと始まらないことなので、趣味の集まりなど積極的に活動し男性との触れ合いの機会を増やすことも考えてみて下さい。

それが難しいのであれば普段のオシャレに気を使ってみるのも効果的です。

ルグゼバイブやマイナチュレのような効果の高い育毛剤を使えば薄毛の改善は見込めるものの、できれば自分が持っている女性としての力で薄毛を改善したいところです。


女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事