女性用育毛剤と男性用と比べどう違うのか?

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

女性が薄毛や抜け毛に悩んでいる場合、まずは生活習慣や食生活の改善を試み、それでも効果が見られない場合は「育毛剤を使う」という選択肢が入ってくると思います。

そんな時、普通ならマイナチュレベルタ育毛剤に代表されるような女性用の育毛剤の中から自分に合いそうなものをピックアップするでしょう。

そう、女性であれば当然ながら男性用の育毛剤は選択肢に入らないわけですが、実は男性を対象としているように見える育毛剤の多くは「男女兼用」。女性も問題なく使えるものになっています。

しかしネットなどで調べてみると「女性は男性用や男女兼用の育毛剤を使うべきではない」とする意見が多くなっている。確かに女性であれば女性用を使えば間違いないような気もしますが…

様々な育毛剤を見てきた私としては「女性は女性用育毛剤を使うべき」は必ずしも正しくはないと感じています。実際、男性用と女性用の育毛剤、どういった違いがあるのでしょうか?

男性用や男女兼用育毛剤がダメだと言われる理由

なぜ女性が男性用育毛剤を使ってはいけないのか?

女性が男性用育毛剤や男女兼用の育毛剤を使ってはいけないと言われるのは「女性と男性で薄毛のメカニズムが異なる」という理由があるからとされます。

男性の薄毛原因は遺伝や体質が主なもの。男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が毛髪の成長を阻害して起こるのが世に言う男性型脱毛症(AGA)です。

一方で女性の薄毛は男性ホルモンが影響する事はあまりなく、多くは生活習慣や食生活の乱れ、過度なストレスなどといった複合的な要因でホルモンバランスが乱れるのが薄毛の要因と見られています。

つまり、男性の薄毛とはそもそもの仕組みが異なると。

ゆえに、AGAの治療薬であるプロペシアのように、5αリダクターゼの働きを阻害しジヒドロテストステロン(DHT)を生み出しづらくするような発毛剤は効果が望めないとされます。

それどころかプロペシアの主成分であるフィナステリドは妊婦にとって非常に危険な薬となっています。(→女性の薄毛治療にプロペシアは使えるのか?

このように男性と女性の薄毛のメカニズムの違いにより適切な成分や量が異なるため「女性は男性用や男女兼用の育毛剤を使うべきではない」とされるのです。

育毛剤は女性が使っても問題ない

ただ、「男性用や男女兼用育毛剤は使うべきではない」というのは少し間違っていて、正しくは「男性用の発毛剤は使うべきではない」です。

プロペシアに代表されるフィナステリド内服薬もミノキシジルも世界で発毛の効果が立証された医薬品の「発毛剤」であり、厳密には「育毛剤」ではありません。

育毛剤のほとんどは厚生労働省で「育毛剤と名乗っていいよ」とお墨付きをもらった医薬部外品であり、女性用で大人気のマイナチュレベルタ育毛剤も男性用育毛剤で大人気のチャップアップもイクオスもブブカもみんな育毛剤です。

で、ハッキリ書いてしまうと、これらの育毛剤は基本的に女性用も男性用も大きな違いはありません。

というのも、厚生労働省認可の育毛剤を名乗る上で必ず必要になる有効成分は男性用も女性用も多くがセンブリエキスとグリチルリチン酸を使用。

差別化を図る上で重要になるその他の成分も、男女共にコンブエキスやハーブなどの天然由来成分やアミノ酸などが主であり、大きな差異はないのです。

なぜそうなるかというと、プロペシアやミノキシジルといった発毛剤と違い、育毛剤に使われる成分のほとんどは直接髪を生やす成分ではなく保湿や抗炎症作用によって頭皮環境を改善させることが目的の成分。

その作用に男女差はないことから、男性用育毛剤も女性用育毛剤も成分は似たりよったりになってしまうのです。

それを理解している人は女性用の育毛剤を使わず、亜鉛やノコギリヤシといった育毛に有効な成分が多数入っているサプリメントが付属する男女兼用育毛剤チャップアップやイクオスを使用し薄毛を改善していたりします。

ベースが同じという経緯も

男性用も女性用も大して変わらないという確たる証拠も存在します。

それは、女性用育毛剤マイナチュレも、男性に人気のチャップアップやイクオスも元々は株式会社天真堂の「ソヴール08」という規格品の育毛剤を使用していた経緯があるから。もちろん男女兼用。

現在は各々がリニューアルを繰り返し多少の成分の違いはあるものの、基本的な部分はほぼ一緒。

また、男性に人気のM-1ミストと女性用育毛剤Kenomika(ケノミカ)が全く同じ中身であったり、同じく男性に人気の薬用プランテルと、女性の産後薄毛専用育毛剤とされるエンジェルリリアンプラスが同じ商品であったり…それが育毛剤の実体。

であるなら男性用女性用問わず本当に良いものを使っていくべきと私は考えます。

■女性用の育毛剤も男性用も成分的には大きく変わらない
■サプリメント付の男女兼用育毛剤をあえて使用し薄毛改善に繋げる女性も

男性も女性も薄毛の原因は一緒?

男性も女性も薄毛原因は同じ?

もうひとつ興味深い話があります。一般的に大きく異なるとされる男性と女性の薄毛原因ですが、実際はそれほど変わらないという説も。

女性の薄毛の最大の要因はホルモンバランスの乱れとされます。美しい髪の毛を生み出すのに重要な役割を果たす女性ホルモン「エストロゲン」が減少してしまうことによって薄毛になるのだと。

このエストロゲン、男性型脱毛症(AGA)の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制することでも知られています。そして、女性は少量ながら男性ホルモンを持っている。

エストロゲンの分泌が減ると相対的に男性ホルモンが優位になり、AGAと同じような作用によって女性も薄毛になる。これを女性男性型脱毛症(FAGA)と呼びます。

驚くことにこのFAGA、実は女性の薄毛原因で最も多いとされています。男性の薄毛と違い女性ホルモンの減少という要素はあるものの、基本的な薄毛のメカニズムは男性のそれと同じなのです。

女性ホルモンの分泌を促す育毛剤はない

ここで本題に戻ります。

女性の薄毛には女性ホルモンの減少と男性ホルモンが大きく関与しているのは前述の通り。しかし女性用育毛剤に女性ホルモンの分泌を促すものは存在しません。

あえて挙げるならエストロゲンに近い働きをするイソフラボンが入った大豆エキスの存在ですが、これは男性用(男女兼用)の育毛剤にも多く配合されていますし、逆に女性用だからといって必ず配合されているわけでもありません。

一方、男性をターゲットにしている育毛剤にはDHTの生成を抑制する成分が配合されています。そしてそれは女性用にも多く使われている。

つまり、女性が男性に人気の育毛剤を使用することは何ら問題ありませんし、その逆もまた然り。育毛剤に関しては男性用も女性用も大差ありません。そもそも男性に人気の育毛剤のほとんどは「男女兼用」ですしね。

女性による男性用発毛剤の使用はタブー

ただし注意して欲しい点も。

市販されている医薬部外品の育毛剤であれば、女性が男性用を使うことに何ら問題はありません。前述のようにほとんどは男女兼用ですしね。

しかし医薬品の発毛剤は別。具体的にはフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルのいずれかの成分が使われたものになります。上でも少し触れましたが、重要な事なのでもう一度書きます。

フィナステリドやデュタステリドは女性が使うことを強く禁じています。なぜなら、妊娠している場合胎児の生殖器の成長を阻害してしまう可能性があるから。

一方、ミノキシジルは女性が唯一使うことができる発毛剤ですが、女性用のミノキシジル濃度は一般的に1~2%。一方で男性用は5%以上のものが大半なので、女性が使うには強すぎるのです。

医薬部外品の育毛剤であれば女性用も男性用も大差ない。しかし、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルを用いた医薬品の発毛剤に関しては女性が男性用を使ってはいけません。

育毛剤単体で見るなら女性用を使う方がベター

男性をターゲットにした商品は女性用に比べ高い効果を持つ育毛剤も多いものの、価格が高めというデメリットも。その点女性用育毛剤は男性用に比べ価格面でも抑え気味になっています。

そういった面も考慮すると女性がわざわざ男性用や男女兼用の育毛剤を使用するメリットはあまり無いのですが、前述した男女兼用の育毛剤で非常に人気の高いイクオスやチャップアップは定期コースで購入すると育毛に有効なサプリメントが付属するという大きな強みがあります。

特に男女兼用のイクオスは後発の育毛剤とあってサプリメントが付く定期コースでも価格は6,980円と抑えられており、男性にも女性にもおすすめできる育毛剤になっています。

ネットなどで目にする「女性は男性用育毛剤を使うべきではない」というのは、プロペシアやミノキシジルのような発毛剤を指している場合が多く、育毛剤の中でも「男性用」とハッキリ銘打っているものならまだしも、男女兼用のものは女性が使っても全く問題はありません。

場合によってはそちらの方が女性用より効果を発揮する可能性も十分。

当サイトは女性に向けた育毛サポートを行っているので紹介する大半の商品は女性専用や女性向けのものですが、十分に効果が見込めると判断したものに関しては男女兼用のものも紹介しております。

万が一女性用の商品での効果に限界を感じているのであれば、男女兼用の育毛剤などを検討するといった選択も視野に入れるべきかもしれません。

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事