デルメッドヘアエッセンス - 製薬会社発の育毛剤

製薬会社が作った育毛剤デルメッドヘアエッセンス

市販の育毛剤の多くは医薬部外品という事もあり化粧品メーカーが開発・製造している場合が多いのですが、デルメッドヘアエッセンスは三省製薬という創業50年を超える老舗製薬会社が製造している本格的な育毛剤です。

このデルメッドヘアエッセンスに使われる成分の中でも特に注目するべき「6-ベンジルアミノプリン」は、三省製薬自身が開発し1995年に当時の厚生省から発毛促進効果があると正式に認可された成分です。

これにより多くの育毛剤で使われるようになった6-ベンジルアミノプリンですが、製造元である三省製薬が女性に対しその効果を最大限発揮するように開発したのが女性専用育毛剤デルメッドヘアエッセンスになります。

女性専用の育毛剤である必要性

世に溢れる多くの育毛剤は「男女兼用」となっているものの、男性と女性の薄毛のメカニズムは異なります。
女性ホルモンの変化
女性の美しい髪は女性ホルモンであるエストロゲンの働きが重要となるのですが、そのエストロゲンは初潮を迎える頃から急増するものの20代をピークに減少に転じ、更年期に入りだす40代以降急減します。

実際40代から薄毛に悩む女性は急増するのですが、近年は生活習慣や食生活の乱れによってホルモンバランスが崩れ、20代30代の女性の薄毛も増えています。

男性の場合はテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつく事によって生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛を引き起こすのですが、女性の場合は女性ホルモンの減少によって薄毛が引き起こされるのです。

女性と男性の薄毛の違い

また女性と男性では薄毛の傾向も異なり、生え際から薄くなるM字ハゲや頭頂部が薄くなるのが特徴の男性に対し、女性の薄毛はびまん性脱毛症と呼ばれる“全体的に薄くなる”のが特徴になります。

このように女性と男性では薄毛になるメカニズムも進行の仕方も異なるため、男女兼用の育毛剤より女性に特化した専用の育毛剤が好ましいといえます。

■女性は更年期が始まりだす40代以降に薄毛が急増する
■近年は生活習慣の乱れでホルモンバランスが崩れ若い女性の薄毛も増加
■女性と男性では薄毛のメカニズムが異なる

デルメッドヘアエッセンスの成分と効果

女性の薄毛のメカニズムや男性の薄毛との違いの概要は以上のようになりますが、ではデルメッドヘアエッセンスば具体的に女性の薄毛にどうアプローチするのでしょうか?

冒頭でも書いたようにデルメッドヘアエッセンスの最大の特徴は自社で開発した有効成分6-ベンジルアミノプリン(CTP)であり、これが女性特有の薄毛にアプローチします。

CTPの効果

女性ホルモンの量の低下により発毛を促す「BMP」も減少するものの、三省製薬が開発したCTPは年齢とともに減少するBMPの生成を促進させ抜け毛も抑制する事で発毛促進と脱毛予防を同時に行う事が出来ます。

CTPの効果の実証

これは臨床試験でも上図のように発毛促進効果が実証されています。

デルメッドヘアエッセンスにはCTP以外にも有効成分として定評のあるグリチルリチン酸ジカリウムや育毛をサポートするホップ抽出液、オオムギ発酵エキスなどの成分が配合され、女性の発毛をしっかりと促進します。

■6-ベンジルアミノプリン(CTP)は臨床試験でも効果が実証されている

意欲的な価格設定のデルメッドヘアエッセンス

デルメッドヘアエッセンスは6-ベンジルアミノプリン(CTP)という有効成分を開発した製薬会社が作っている育毛剤という大きな特徴以外にも意欲的な価格設定が大きな注目を集めています。

まずはデルメッドヘアエッセンスの価格を見てみましょう。

商品名 内容量 使用期間 送料 価格
初回限定 120ml 1ヶ月半~2ヶ月 無料 2,160円(税込)
1本購入 120ml 1ヶ月半~2ヶ月 無料 4,320円(税込)
(2016年1月現在)    

デルメッドヘアエッセンスにはほぼすべての育毛剤に設定されている定期コースの設定が良くも悪くも存在せず単品購入のみと非常に分かりやすい設定になっており、唯一の変化は初回限定で半額になるくらい。

そして単品価格が税込で4,320円というのは人気の女性用育毛剤であるマイナチュレベルタ育毛剤の定期コースより安くなっています。

加えて多くの育毛剤で1本の使用期間が1ヶ月なのに対しデルメッドヘアエッセンスは1本で1ヶ月半~2ヶ月使用できるとあって、多くの女性用育毛剤の1ヶ月のコストが4,000~5,000円なのに対し、デルメッドヘアエッセンスでは2,000~2,500円と半額で済みます

ただ、デルメッドヘアエッセンスの効果や価格面で不満は無いものの、安いがゆえにその他のサービスでは若干行き届いていない感があるのも事実です。

デルメッドヘアエッセンスのデメリット・悪いところ

デルメッドとマイナチュレの成分比較 まずデルメッドヘアエッセンスのいまいちなところを挙げるなら「成分量」でしょうか。

自社が開発し厚生労働省に認可されている有効成分「6-ベンジルアミノプリン」に特化し、多くの育毛剤が10~30種類くらい用意する「その他の成分」は育毛根拠がないと切り捨て全部で6種類程度にする事により価格を抑えており、これはこれで好感を持てますが、他の育毛剤と比較するとその成分量は寂しいと言わざるを得ません。

右図は上がデルメッドヘアエッセンス、下が女性用育毛剤の中でもトップクラスの成分量を誇るマイナチュレなのですがその差は歴然です。

リアップのようなミノキシジルの発毛剤などを見ても髪の成長に有効なのはミノキシジル一点である事から、多くの成分が入っていたからといってそれが効果に繋がるかどうかは微妙ではあるものの、やはり少ない成分量は一抹の不安を感じるのは確かです。

またデルメッドヘアエッセンスには前述の定期コースが存在せず、一定期間使い続けなければ効果が出ない育毛剤にあって定期コースがないのは不親切とも言え、また価格を極限まで抑えているせいか多くの育毛剤で採用している「全額返金保証」の設定もなく、万が一肌に合わなかった場合の返金などはできなくなっています。

ただ、全額返金保証といえど返品時の送料や返金時の振込み手数料はこちらで負担する必要があるため実質1,000円以上の出費は覚悟しなければならず、そういった手間なども含め客に負担を強いるならはじめから全額返金保証など設定せず値段を下げようという考えだと思われます。

デルメッドヘアエッセンスは他の育毛剤に比べ費用は1ヶ月2,000~2500円くらいと半額程度で使えるという大きな強みを持つものの、それゆえに無駄を一切省いているためそこに不安や不足を感じる事もあるでしょう。

しかし化粧品メーカーではなく製薬会社が本気で作った育毛剤をこの価格で使えるというのは非常に魅力的ですから、育毛剤を初めて使う方はもちろん、他の女性用育毛剤で効果が出なかった方などもぜひ一度試してみてください。

デルメッドヘアエッセンスの詳細

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事