女性に多い低体温による薄毛の原因と改善法

増加の一途を辿る女性の低体温

女性の低体温と薄毛 昔から女性には冷え性や低体温で悩んでいる方が多かったのですが、近年その傾向が強まっているといいます。

その理由は世の中が便利になって運動量が落ちている事や女性の社会進出によるストレスの増大で自律神経が乱れがちになっている事などが挙げられます。

また、外食が多く食生活の乱れている場合にも栄養バランスが崩れ低体温の原因になりますが、実は低体温は薄毛の原因になりうる事をご存知ですか?

低体温自体が薄毛の原因になる上に、低体温に至る原因の中にも薄毛を引き起こすものが多くなりますので、低体温を解消する方法を身に付け薄毛改善に役立ててください。

低体温の主な原因とその解消法

一般的に人間の正常な体温は時間帯によっても違いがあるものの概ね36.5度前後で、とりあえず36度以上あるなら良いのですが、女性の中には平熱が35度前後という方も少なくありません。

その原因は様々ありますが、主なものは以下のようになります。

■筋肉量が少ない

筋肉というのはカロリーを消費し熱を発生する働きがありますので、筋肉量が少ない方は熱量が少なくなりがちで低体温の原因となります。

筋肉量は基礎代謝にも影響するので、薄毛の改善はもちろん美しく引き締まった体を維持するという面でも一定以上の筋肉量を付けるというのは美容面でも非常に効果的です。

■ビタミンやミネラルが不足している

ブドウ糖を効率的に燃焼させるには亜鉛や鉄などのミネラルやビタミンが必須。

髪の成長という面でも亜鉛やビタミンB郡は非常に重要な栄養素となりますので、これらを積極的に摂取する事で低体温の解消はもちろん薄毛の改善にも役立ちます。

牡蠣は亜鉛やビタミンが豊富なのでこれらの栄養素をバランスよく摂るのに適していますし、それ以外にも緑黄色野菜や納豆など大豆製品の摂取も効果的です。

■過剰なストレス

過度なストレスは自律神経を乱し緊張を司る交感神経が優位となるので、血管が収縮し血行が悪くなる事により低体温を引き起こしがちです。

ストレスを無くす事は難しいと思いますが、ご自分の環境に合わせて上手くストレスをコントロールするように心がけましょう。

■体を冷やす飲食を避ける

冷たい飲み物や食事は物理的に体を冷やします。

冷えた飲み物は出来る限り避けると共に、毎日湯船にしっかりつかり体を芯から温めるようにすると結構も良くなり低体温解消に繋がります。

■低体温は直接的に薄毛を引き起こすに留まらず、その過程にも薄毛の原因が
■筋肉量とビタミン・ミネラルの摂取は特に重要

決して軽視できない低体温と薄毛の関係

最近は平熱が36℃に届かない女性が多いものの、低体温と薄毛の関係は決して軽視できるものではありません。

低体温の原因には血行が悪い事も挙げられ、頭皮の血行が悪いと髪の元となる毛乳頭などに十分な栄養が行き渡らず薄毛の原因になることが広く知られています。

また、足りなくなると低体温の原因となる亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、ビタミンB郡といった栄養素は髪の毛の成長にも非常に重要なもので、世界30ヶ国以上で使われる飲む育毛剤であるパントガールの成分もビタミンB郡を中心としています。

ストレスが薄毛の原因になる事は誰もが知っている事ですが、これも低体温の原因となりえるもの。

つまり、低体温と薄毛、そしてその原因の3つは密接に関わっており、また低体温の解消は薄毛の改善のみならず美容面でも非常に有効なので、美しさを取り戻すためにも是非低体温解消に取り組んでください。


女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事