生活習慣を見直し女性の薄毛を改善しよう

女性の薄毛は生活習慣で治る

現代の女性って忙しいですよね。専業主婦という言葉は半ば死語になりつつあり共働きが当たり前。比較的時間に余裕があると思われる独身女性も近年は正社員などフルタイムで働くことが多く、思いのほか時間がない。

そんな状況によって急増しているのが生活習慣の乱れによる女性の薄毛。「専業主婦」と同様「女はハゲない」なんて言葉も死語になりつつあるのです。

しかし一口に生活習慣といっても内容は多岐にわたります。

どういった習慣が女性の薄毛を誘引するのか?詳しい原因とその対策法を詳しく取り上げていきましょう。

食生活の乱れで女性は薄毛になる

生活習慣の乱れからくる女性の薄毛に関して、もっとも注意すべきは食生活や栄養バランスの乱れです。

髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質によって構成されており、そのケラチンは18種のアミノ酸を体内で合成して作られます。

しかし18種のうち9種は体内で作ることができない必須アミノ酸。これらは食事などによって摂取する必要があるのです。

また、ケラチンを合成するためには亜鉛やビタミンB群などの栄養素が必要不可欠。そういった栄養をしっかり摂ることによって美しい髪の毛は作られます。裏を返せば、栄養が不足すれば髪の毛の成長に悪影響を及ぼすことを意味します。

食生活の乱れでホルモンバランスが崩れる

食生活の乱れが薄毛の原因

また、食事が偏るとホルモンバランスが崩れてしまいます。

女性ホルモンであるエストロゲンは髪の毛の成長を促すうえ、男女の薄毛の大きな要因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する作用があります。

しかし、食生活や栄養バランスが乱れるとエストロゲンの分泌が減少、その結果女性でも少量ながら分泌している男性ホルモンの存在感が強くなり、DHTの作用によって薄毛になってしまうのです。

男性の薄毛に近いメカニズムで引き起こされる女性の薄毛は「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれ、女性の薄毛原因として最も多いという説も。

このように、食生活や栄養バランスの乱れは女性を薄毛にしてしまう様々な要因をはらんでいるのです。

食生活の乱れによる薄毛を治すには?

食生活の乱れによる女性の薄毛を改善させるには、言うまでもなく栄養バランスを考えた食事を摂取する必要があります。

ただ、それが結構大変なんですよね。

栄養バランスに加えカロリーまで考えるとなると自炊がベストではあるものの、独身で一人暮らしともなるとハッキリ言ってそんなことしている時間はない。

となると、要点を押さえた食事や手間のかからない食品の利用が現実的に。

女性の薄毛はエストロゲンの減少が大きく影響しているため、これを補うイソフラボンを積極的に摂取したいところ。それに最も適したのは納豆や豆腐になります。

納豆や豆腐は大豆イソフラボンが豊富に含まれているうえ、たんぱく質やミネラルなどもしっかりと摂ることができます。価格も安価ですし、納豆かけご飯や冷奴であれば手間もかからないという非常に優れた食品。

ケラチン合成にかかせない成分をしっかりと摂取したいならレバーがおすすめ。特に豚レバーは髪の毛の成長に必要な亜鉛やビタミンB群、アミノ酸などの含有量が多いことでも知られています。

レバーが苦手という人は牛肉で代替しましょう。

薄毛を引き起こしかねない睡眠不足

睡眠不足で女性は薄毛になる

食生活以外の生活習慣で髪の毛に影響を与えるのが睡眠です。

仕事や家事などで忙しい女性は日常的な睡眠不足に陥っている場合も多いのではないでしょうか。寝るのは深夜1時や2時、起床時間は朝の5時6時なんてことも珍しくないはず。

こういった生活に慣れてしまうと睡眠時間が4~5時間程度でもどうにかなるものですが、睡眠不足や質の低い睡眠はホルモンバランスの乱れに繋がり、体や髪の毛を確実に蝕んでいきます。

特に美容や髪の毛の成長にとって重要な時間帯というのは夜10時~翌朝2時までの4時間とされます。いわゆるゴールデンタイムですね。

この時間帯に質の高い睡眠を取ることで新陳代謝や女性ホルモン分泌が促され、肌や髪の美しさに繋がってくるとされます。

近年は夜10時~翌朝2時にこだわる必要はないという説が有力になっていますが、入眠時から3~4時間の睡眠の質が重要であることは変わりありません。

睡眠不足による薄毛を改善させるには?

そもそも夜10時に寝るというのはなかなか難しいですよね。帰宅時間が夜の7時以降になってしまう場合、夜10時に寝るというのは現実的ではない。

そういった方は少しでも長い睡眠時間を確保しつつしっかりと体を休める質の高い睡眠を取るように心がけて下さい。

簡単に取り入れられる方法として入浴の工夫が挙げられます。

人間は体温が下がるにつれ眠くなるという性質があるため、入浴して体が温まったのち2~3時間後に就寝するのが質を高めるコツ。

ただし、より体温を下げようとして熱いお風呂に入り体温を一気に上げようとする方法はおすすめしません。なぜなら、熱いお風呂は緊張や覚醒をつかさどる交感神経を優位にしてしまうから。

寝る2時間ほど前に40度程度のぬるめのお湯に10~20分ほどゆっくりと浸かることで質の高い睡眠が得やすくなり、髪の毛の成長や女性ホルモンの分泌が活発化されると覚えておいてください。

タバコは薄毛の原因DHTを増やす

タバコが薄毛の原因

体に悪い生活習慣として真っ先に挙げられるのがタバコです。体に悪いことが髪の毛にも悪いのは想像に難くなく、実際タバコを吸うことによって薄毛を引き起こすDHTが増えるという研究結果も存在するほど。

また、タバコは細胞の老化を促す活性酸素を生み出し、かつそれに対抗する抗酸化物質ビタミンCを大量に消費することでも知られています。タバコ4本吸うと1日に必要なビタミンCを破壊してしまうとも。

活性酸素が増えれば髪の毛を作り出す毛乳頭細胞や毛母細胞に悪影響が出てきますし、真皮のコラーゲンの生成を促すビタミンCの減少は美容にとって死活問題です。

DHTや活性酸素を増やし、ビタミンを破壊する…そりゃ髪の毛にも肌にも悪いに決まっている。

タバコによる薄毛を改善させるには?

タバコによる害を取り除くには禁煙しか方法はありません。

ただ、現実問題としてタバコを止めるのって大変ですよね。女性は男性に比べ禁煙成功率が悪いことがデータで示されていますしね。

どうしてもタバコを止められない場合、せめて本数を減らすか、iQOSやプルームテックなどの加熱式タバコに変更することを検討してみてください。

加熱式タバコは詳細な有害性がよく分かっていないという面はあるものの、火を使わずタールがほとんど発生しないことから、現状では紙巻きタバコに比べ害が少ないと見られています。

運動不足は薄毛の要因

運動不足でハゲる

社会人になり忙しくなるにつれ減ってくるのが運動量。移動は車、上階に上る際はエレベーターやエスカレーターを使うという人も多いことでしょう。しかしこういった運動不足は薄毛の要因になりえます。

慢性的な運動不足は血行にとってマイナスでしかなく、筋肉量の低下はさらなる血流悪化を招きます。男性に比べ筋肉量が少ない女性であればなおさらです。

また、運動不足は肥満のもとにも。

肥満には食生活が大きく関わってきますが、消費カロリーが少なりがちな運動不足も要因のひとつ。そして肥満と薄毛に一定の関連性があることはいくつかの研究である程度明らかにされています。

特に肥満と高血圧、高血糖などを併発するメタボリック症候群は要注意。こうなると血液はドロドロになり血管自体も劣化、結果頭皮に十分な栄養や酸素が行き渡りにくくなり薄毛を引き起こしてしまうのです。

運動不足による薄毛の解決策

運動不足の改善…それは日常生活に運動を取り入れること以外方法はありません。

しかし、必ずしもテニスをしたりジョギングしたり…といった“いかにもな運動”をする必要はありません。忙しい女性であればそういった時間を作るのも大変ですしね。

本来であれば、1日30分程度のウォーキングを行うのがベストですが、一人で続けるのは大変ですし、仕事で疲れ切っている状況でウォーキングを行うのは辛いでしょう。

そういった場合は、以下のことに気を付けてみてください。

  • 上階の移動は意識的に階段を使う
  • 都市部であれば一駅分歩く
  • テレビを見ている時間などはストレッチは体操をする

運動は血行を良くしたりカロリーを消費したりするだけでなく筋肉の維持にも役立ちます。そしてその筋肉はポンプの役目となり血流を改善させると同時に、基礎代謝をアップさせより多くのカロリー消費を促します。

血流改善、カロリー消費、肥満予防・解消…運動は女性の薄毛改善に大きく寄与します。薄毛や肥満対策はもちろん、冷え性に悩んでいる人もぜひ取り入れてみてください。

女性の薄毛対策は生活習慣の改善から

手っ取り早く女性の薄毛を改善させるには育毛剤や育毛サプリメントの使用が一番。しかしそれは根本的な解決にはなっていません。

まずはできる限り生活習慣を改善し、それでも薄毛が治らないようならそこで育毛剤などの使用を検討すればいいのです。

幸いなことに、女性の薄毛は男性に比べ改善させやすいとされます。

なぜなら、女性の場合生活習慣や食生活が乱れホルモンバランスが崩れてしまうことによる薄毛が多いから。裏を返せば、生活習慣を見直すことで薄毛を改善させることができることを意味します。

中でも肥満を予防することは極めて重要。そのためにもまずは食生活の改善や運動不足解消を目指してみてください。

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事