女性がM字ハゲ? 原因と治療法を探る

M字ハゲは男性だけのもの?

女性もM字ハゲになる?

女性の社会進出が増えたことによって強いストレスや生活習慣、食生活が乱れることによる薄毛が増加していますが、男性のようなM字ハゲにはならないと思っていませんか?実はそんなことはなく女性もM字ハゲになるんです。

女性の場合男性のように「M字から」「頭頂部から」といったような特定の部分から集中的にはげる薄毛ではなく、全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」が一般的となっています。

しかし中には男性のようにM字部分や生え際からハゲていく場合も。

男性のハゲの象徴でもあるM字ハゲがなぜ女性にも起こるのか?その詳しい原因と治療法に迫ってみたいと思います。

女性がM字ハゲになる原因は?

なぜ女性が男性のようなM字ハゲになってしまうのか?

それは男性型脱毛症(AGA)と同じように男性ホルモンが影響する「女性男性型脱毛症(FAGA)」の一種なのですが、上でも書いたように女性の薄毛は全体的に薄くなることがほとんどで、M字になる原因で考えられる要素というのは…

■女性ホルモンの極端な減少と男性ホルモンの増加

女性の典型的な薄毛であるFAGAはホルモンバランスの乱れなどによって女性ホルモンであるエストロゲンが減少、相対的に男性ホルモンが増えることによって引き起こされます。

多くの場合髪の毛全体が薄くなる「びまん性脱毛症」であるものの、薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が多く、エストロゲンが極端に少ないとM字になりやすいと考えられます。

■遺伝

薄毛の原因となるDHTは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結びついて生成されます。

この5αリダクターゼの分泌量や感受性は遺伝によって決まるとされ、男性に比べれば少ないながら女性もテストステロンを分泌しているため、遺伝により5αリダクターゼが多かったり感受性が高かったりするとM字ハゲになる可能性が高まります。

髪を太く美しく成長させるエストロゲンが豊富に分泌されていれば影響は少ないものの、何らかの理由でホルモンバランスが乱れ女性ホルモンの分泌が減るとエストロゲンに対し相対的にDHTが増えることになりM字や生え際が薄くなりやすくなります。

■牽引性脱毛症

長い髪というのは女性の美しさを際立たせるものですが、スポーツや仕事では邪魔になるので後ろで縛ることが多くなるもの。

日常的に長時間後ろで縛っていると生え際に強いストレスがかかり続けることになることでM字部分や生え際の抜け毛が増え薄くなってしまう「牽引性脱毛症」になることも。

可愛らしさからおこなっていることも多いお団子ヘアも牽引性脱毛症に繋がることがありますので注意が必要です。

■ホルモンバランスが乱れ女性ホルモンの分泌が減るとM字ハゲの可能性
■日常的に髪を縛っている場合注意が必要

女性のM字ハゲを誘発するホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛のもっとも大きな要因は美しい髪を作り出す女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少してしまうことです。

というのも、男性ホルモン「テストステロン」が多く女性ホルモンが少ない男性は薄毛の原因DHTを作り出す5αリダクターゼの分泌量や感受性の影響をもろに受けますが、男性ホルモンが少ない女性はエストロゲンが豊富に分泌されていれば数の限られるDHTの影響は軽微だからです。

上で「ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが相対的に増え薄毛になる」と書きましたが、もう少し分かりやすく説明すると男性ホルモンの割合が増えるということになります。

簡単な例を挙げてみると…

  • ■女性ホルモン1000÷男性ホルモン100=男性ホルモンの比率1割
  • ■女性ホルモン500÷男性ホルモン100=男性ホルモンの比率2割

薄毛の原因となる男性ホルモンDHTの数は変わらずとも女性モルモンが減れば男性ホルモンの比率は相対的に増えることになり、髪を成長させる力が弱まることでDHTの影響を受けやすくなってしまうのです。

女性の男性ホルモンの分泌量は個人差があり、平均より分泌が多い女性のうち遺伝的に5αリダクターゼの分泌量や感受性が高い場合、ホルモンバランスの乱れによってM字ハゲになると考えられます。

男性ホルモンや5αリダクターゼの分泌は遺伝によるものが大きいので、エストロゲンの分泌をいかに維持するかがM字ハゲ予防にとって重要になってくるのです。

ホルモンバランスが乱れる原因と対処法

女性は男性と違いエストロゲンがしっかりと分泌されていれば薄毛になることはもちろんM字ハゲになることはそうそうないので、いかにホルモンバランスを正常な状態に保つかが重要になってきます。

ホルモンバランスを乱す原因、そしてその対処法はというと…

■食生活の乱れ

人間の体は食事によって作られているといっても過言ではなく、それだけに食生活の乱れはホルモンバランスの乱れに直結します。

  • ■ファストフードやラーメンなどジャンクフードが多い
  • ■朝食を食べない
  • ■肉中心で野菜や魚をあまり食べない

こういったことが典型で、どれも独り暮らしの女性が陥りがちといえます。

■食生活の乱れへの対処法

食生活が乱れることによってホルモンバランスが崩れてしまう対処法は、月並みならが栄養バランスの取れた食事を3食しっかり摂るということに尽きます。

女性ホルモンの分泌にはビタミンB群などビタミンが欠かせず、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンの摂取も積極的におこなうべき。

またホルモンバランスからは少し外れますが、アミノ酸や亜鉛などのミネラルは髪の毛を作る上で必要になるので、様々な面でバランスの良い食事というのは重要になります。

■ストレス

ストレスは様々な病気の原因になり、それはホルモンバランスにも大きな影響を与えます。

一般的に言われる「ストレスでハゲる」はストレスが直接的な原因になっているわけではなく、強いストレスで自律神経の交感神経が優位になったりホルモンバランスが乱れたりして起こるのです。

■ストレスへの対処法

どんなことがストレス解消になるかは人のよって異なるものの、趣味があればそれに割く時間を増やす、リラックスタイムを作るなどが代表的。

気の置けない友達と遊んだりするのはストレス解消になりますが、気を使う相手だと逆効果になりますので注意が必要です。

■ダイエット

肥満は薄毛の大敵ですし、細めのシルエットは女性であれば誰しも憧れるものですが、間違ったダイエットはホルモンバランスを乱れさせます。

食事を抜いたり食べるものが偏るとホルモンや髪の毛に必要な栄養素が不足しますし、ストレスも溜まりがちなので過度なダイエットはM字ハゲの可能性を高めてしまうでしょう。

■ダイエットによる薄毛リスクへの対処法

ダイエットも正しく行えば体にはむしろプラスになります。

正しいダイエットというのはしっかりとカロリー計算し、栄養バランスも考慮した食事を心がけることで、これを行えば薄毛を回避することはもちろん美しい女性に一歩近づくでしょう。

もちろん痩せすぎはNGですよ。


他にも睡眠不足や運動不足など挙げだしたらきりがありません。ただすべてに共通することは健康的な生活を送れば多くは回避できるということ。

理想的で健康的な生活を送ることはなかなか難しいものの、心がけでどうかなることも多いので、「あ、あの人ハゲてる」と思われないためにも、そして男性のようなM字ハゲにならないためにもホルモンバランスには気を使うようにして下さい。


女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事