女性の薄毛の原因は加齢なのか?

女性も加齢によって薄毛になる?

男性のハゲ・薄毛は年齢が上がるほど目に見えて増え、50代を超えるような方では多かれ少なかれ髪の毛が薄くなっている方が目立ちます。

では女性はどうなのか?

髪の毛を強く美しく成長させるためには女性ホルモンである「エストロゲン」が非常に重要で、男性より遥かに多くの女性ホルモンを持つ女性は当然ながら薄毛にはなりにくくなりますが、女性といえども年齢を重ねることによって徐々に女性ホルモンの量は減っていきます。

女性ホルモンの分泌量

上図のように髪の毛の成長に重要な女性ホルモンであるエストロゲンは初潮が来るあたりから急激に増えだし20代半ばをピークに減少してゆき、更年期に入る方が増える40代半ばから減少に勢いが増します。

50歳を超えた女性ではたまに目に見えて髪の毛が薄い方を見かけますが、この薄毛の一番の原因は加齢による女性ホルモンの減少だと思われます。

ある程度の年齢になれば髪の毛の本数は変わらずとも髪の毛1本1本の太さが細くなりコシやハリが無くなる事によりボリュームも落ちてきますし、何となく薄く見えてしまうのは仕方のない事と言えます。

加齢による薄毛は避けられないのか?

極論から言ってしまえば、例えば50代、60代になっても10代、20代の頃の美しい髪の毛をそのまま維持するのは無理です。

ストレスや生活習慣といったものを排除して考えても、年齢を重ねれば髪の毛を作る土台となる頭皮は衰えますし、頭皮を守る皮脂の分泌も減少しますし、髪の毛を作る毛母細胞の働きも弱まってきます。

それに加え女性ホルモンも大きく減少している訳ですから、若い頃と同じ生活、同じケアを続けていれば10代、20代の頃のようなコシやハリがありツヤツヤの美しい髪は維持する事はできません。

ただ、生活習慣や食生活などを見直しホルモンバランスを整え、また正しい髪の洗い方を実践しより良いシャンプーを選んだり、食事やサプリメントなどにより髪の毛の成長に欠かせない成分を摂取したりする事で美しい髪を維持し、状況によっては大きく改善する事も可能となります。

■若い頃と同じ生活やケアをしている限り加齢による髪の衰えは避けられない
■年齢に応じたケアなどを行う事により美しい髪を維持、改善する事は可能

女性の年齢による薄毛を防ぐには?

上で書いた加齢による薄毛への対策ですが、多くは個別のページを設けているのでそちらを参照して頂ければより詳しい事を書いているものの、要約すると…

■正しい髪の毛の洗い方とシャンプー選び

かつては毎日髪の毛を洗う事が良いとされてきましたが、頭皮の皮脂分泌量が少ない女性の間で頭皮環境を守るために2、3日に1回の洗髪で良いのではないか?と言われてます。

また、一般的なシャンプーに含まれる高級アルコール系の界面活性剤は洗浄力が強すぎるため少し効果でもアミノ酸系の界面活性剤などを使用しノンシリコンのシャンプーを使用し、髪の毛を洗う時は頭皮のみを洗うよう心がけ必要以上に髪の毛を洗わない事。

■女性ホルモンや髪の成長を補うような食事やサプリメントを使用

加齢により女性ホルモンが減少すれば髪の美しさが損なわれるに留まらず薄毛になりやすくなるため、女性ホルモンを補う大豆イソフラボンなどを食事やサプリメントで積極的に摂取するようにします。

また合わせて髪の成長に必要な亜鉛やたんぱく質、各種ビタミンの摂取も心がけます。

■女性用の育毛剤を使用

育毛剤と言うと少しハードルが高く感じますが、女性用の育毛剤は男性用と違い価格面でも試しやすくなっています。

頭皮に直接塗布し身体の外から頭皮環境を整え発毛を促進する方法としては非常に効果が高いため、合わせて内面からのケアを行えば万全と言えるでしょう。

…このなところでしょうか。

各見出しが詳細へのリンクになっていますので、興味がある方や詳しい内容が知りたい方は覗いてみて下さい。

はげないイメージのある女性であっても加齢には勝てず何も対策をしないと薄毛になってしまう可能性が高まってきますから、年齢に合わせた適切なケアを行い美しくボリュームのある髪を維持するようにして下さい。

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事