デュタステリドは女性の薄毛に効果あるのか

フィナステリドは女性には使えないが…

デュタステリドは女性にも効果的? プロペシアに代表されるフィナステリド内服薬は男性にとって非常に効果の高い発毛剤であるものの、女性は使っても効果がなく妊婦や子供に至っては触ることすら禁忌とされるため使用ができません。

一方、2015年9月に日本で正式に発毛剤として承認され2016年6月に「ザガーロ」が発売されたデュタステリドはどうなのでしょうか?

女性の薄毛は近年増加の一途を辿っており、より効果的な発毛剤の登場を心待ちにしている方も多いと思いますので、新しい発毛剤デュタステリドについて取り上げてみましょう。

デュタステリドとはどういった薬なのか

デュタステリドは元々前立腺肥大の治療薬であり、日本では「アボルブ」という治療薬が2009年から存在していました。

しかし薄毛の改善にも効果があるということから発毛剤として注目されるようになり現在ではそちらのイメージのほうが強くなっていますが、実はこれらの経緯はフィナステリドとまったく同じなのです。

プロペシアなどの主成分であるフィナステリドはやはり前立腺肥大の薬で、後に発毛剤に使われるようになっています。

じゃあフィナステリドとデュタステリドは何が違うのか?

どちらも薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す酵素「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害するものですが、2種類ある5αリダクターゼのうち、フィナステリドはⅡ型にしか効果がないのに対し、デュタステリドはⅠ型Ⅱ型双方に効果があり、より強い発毛効果が望めます

そのためこれから発毛剤の主役はプロペシアからザガーロに移ってくるのではないかと見られています。

 ■デュタステリドはフィナステリド同様元々は前立腺肥大の薬
 ■デュタステリドはⅠ型Ⅱ型両方の5αリダクターゼに効果がある

デュタステリドを女性が使うとどうなる?

鋭い方ならもうお気づきだとは思いますがフィナステリドと同じ作用を持つデュタステリドは基本的に女性には使ってもほとんど意味がありません。

男性の場合DHTという男性ホルモンが薄毛の主な原因ですから、これを作り出す酵素である5αリダクターゼの働きを阻害することで薄毛を改善しますが、女性は男性の10分の1ほどの男性ホルモンしか持っておらず女性の主な薄毛原因はDHTではないのです。

気を付けるべきは皮膚から吸収されることが確認されているデュタステリドを妊婦や子供が触ることです。

男児を妊娠している女性がデュタステリドを服用、接触すると男性ホルモンの働きが阻害され男児の生殖器に障害が出る恐れがあり、成長途中の子供に関しても同様です。

若干ながら皮膚からも吸収されるデュタステリドですから、妊婦や子供がいる家庭においては絶対に手の届かないところに保管し、また量を調整しようと家の中でカプセルを開けるようなことも絶対に避ける必要があります。

デュタステリドは妊婦、子供にとって「」という認識を持ってください。

■男性ホルモンの少ない女性にデュタステリドは効かない
■妊婦や子供が服用・接触すると生殖器に障害が出る恐れがある

女性はデュタステリド以外の選択を

妊婦や小児には触ることすら禁忌とされるデュタステリドですが、閉経後の女性や今後長期間にわたって妊娠の可能性がまったくない女性には必ずしも禁忌ではありません。

女性の薄毛にも男性ホルモンが影響している場合もあり、そういった方にとっては多少の効果が認められる可能性はあります。

しかし実際の臨床データでも女性に有意な効果は認められなかったとあり、いくら妊娠のおそれがない女性であったとしても副作用などのことを考えれば服用しないのが賢明です。

多少の副作用は覚悟してもとにかく髪を生やしたいというのであれば女性にも唯一使える発毛剤ミノキシジルタブレットを使用すべきですし、副作用がないものが良いなら世界中で使われる飲む育毛剤パントガールルグゼバイブ、外用薬として高い人気を誇るマイナチュレやベルタ育毛剤、ヴェフラあたりがおすすめでしょうか。

高い効果が期待される発毛剤デュタステリドが男性にだけ効果が出るなんて何か不公平な気もしますが、女性が使ってもデメリットが目立つのはまぎれもない事実なので他の発毛剤や育毛剤を用いるようにして下さい。


女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事