ハゲるダイエット?間違ったやり方は薄毛の元

最終更新日:

ダイエットはハゲる?

どんな服でも似合うスラっとした体形は世の女性の憧れということもあり、大なり小なりダイエットに取り組んでいる女性は多いと思います。

当然それはスタイルを保持、もしくは痩せることで女性としての魅力を高めるためのものであるはず。しかし過度なダイエットはハゲや薄毛の原因になるのはご存知でしょうか?

綺麗になるために美味しいものを我慢したり時間を割いて運動をしたりしているのに、それが原因で薄毛になってしまっては本末転倒ですよね。

とはいえデブもハゲる原因となるとあって、さじ加減がいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか?

薄毛を引き起こす間違ったダイエットとはどういったものなのか?薄毛を予防しつつ魅力的な女性を取り戻す正しいダイエットの方法とはどんなものか?気になるダイエットと薄毛について取り上げていきますので参考にして下さい。

ダイエットでハゲる理由は栄養不足?

そもそもダイエットでハゲる原因や理由とはどういったものなのでしょうか?肥満が薄毛の大きな要因ということは、それを解消するダイエットはむしろ薄毛予防や改善に効果を発揮しそうな気がしますよね。

しかし必ずしもそうではないのです。その主な原因をひとつずつ見ていきます。

髪の毛の成長に欠かせない栄養が不足する

ダイエットで薄毛になってしまう大きな要因のひとつに食事制限があります。

理想的なダイエットは適度な運動で消費カロリーや基礎代謝を増やしつつ、ほどほどのカロリー制限をしながら栄養バランスの摂れば食事を摂ること。しかしそれを実現するのは難しいのが実情で、ついつい過度な食事制限をしてしまいがち。

髪の毛の成長に欠かせない栄養素として亜鉛や各種ビタミン、たんぱく質とそれを形作るアミノ酸が挙げられます。

なぜなら、髪の毛はケラチンというたんぱく質が9割以上を構成しており、そのケラチンは18種のアミノ酸を合成して作られるから。そしてケラチン合成に欠かせないのが亜鉛やビタミンB群。

過度な食事制限をしてしまうと、これらの栄養素が不足し髪の毛の成長に悪影響を与える可能性が考えられるのです。

薄毛予防には栄養バランスも重要

一定の食事制限を行いながらもこれらをしっかりと体に摂り入れることは、薄毛にならずにダイエットを行ううえで重要になるものの、だからといってこれらだけ摂取していれば良いというわけでは決してありません。

極端な例を挙げれば、絶食しつつも亜鉛やビタミン、アミノ酸のサプリメントだけはしっかり摂っているからハゲないか…と言われれば、そんなことはありません。

様々な栄養素が髪の毛の成長に関わっている中で、特に亜鉛やビタミン、アミノ酸が重要というだけの話なのです。

健康な髪の毛の土台となる頭皮環境を維持するには適度な脂質やビタミン、頭皮に栄養や酸素を届けるため血行促進を意識した栄養素なども必要になるでしょう。

また、髪の毛はもちろん美しい肌を維持するためにも様々な栄養素が必要。ダイエットにより無理な食事制限を行うとこれらの栄養が不足し、髪の毛はもちろん肌まで荒れ一気に老けてしまう可能性も。

せっかく細めのスタイルを手に入れても髪や肌がおばちゃんでは魅力はむしろ減少する結果に。それを回避するためにも過度な食事制限は避ける必要があります。

激しい運動によるダイエットはハゲる?

激しい運動をするとハゲる?

ダイエットを実行するにあたり真っ先に思い浮かぶのは前述した食事制限と運動。適度な運動とカロリー制限をバランスよく取り入れるのが美容にも体にも理想的だからです。

とはいえダイエットのやり方は人によって様々。手っ取り早く食事量を減らす人がいる一方で、食べることが好きだから食事量は減らさずとにかく運動で減らそうとする人もいます。

確かに運動を取り入れれば、それ自体によるカロリー消費が期待できると同時に、筋肉量の増加で基礎代謝が増え太りにくい身体に。血行促進効果もあるため薄毛予防や治療に効果的なのも嬉しいところ。

そう考えると一石二鳥にも三鳥にもなる運動ですが、これも程度の問題。過度な運動は髪の毛に取って逆効果になりかねず、最悪薄毛を引き起こす原因になってしまいます。

過度な運動が女性の薄毛を引き起こす理由

本来髪の毛に良いとされている運動を過剰に行うことで薄毛を引き起こしてしまう理由…それはホルモンバランスが関与しています。

女性に薄毛が少ないとされる理由は、女性ホルモンであるエストロゲンが髪の成長を促し、かつ薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの生成を抑制する点が大きなウエイトを占めています。

つまり、女性らしい体を作り出す女性ホルモンを豊富に分泌している状態であれば薄毛になる可能性はほとんどないと言っていいでしょう。

しかし、過度な運動により体に強い負荷をかけると女性でも男性ホルモンを増加させることが分かっています。多少の増加なら問題ないものの、それが多量になるとホルモンバランスが崩れ女性ホルモンの割合が減ることに。

中でも筋トレ短距離ダッシュのような筋肉への負荷が大きい無酸素運動は男性ホルモンの分泌を促しますので注意が必要です。

女性がダイエットに取り入れるべき運動はウォーキングや軽いジョギング、激しすぎないエクササイズやヨガなどの有酸素運動。スタジオや体育館で行っている女性のエクササイズは理にかなっていると言えます。

これらは適度な筋肉を付け引き締まった身体を作り出すと同時に、カロリー消費と基礎代謝アップを実現。血流も良くなり肥満も解消するなど良いことづくめ。

かなりの筋肉量が必要なスポーツをやっているというのであればまだしも、ダイエット目的で運動を取り入れるのであれば過度な運動は避けるようにしましょう。

ハゲずリバウンドせずの理想のダイエットは?

薄毛を予防・改善しつつダイエットを成功させるにはどうすればいいのか? まずダイエットの前提として「無理をしない」ことが重要になります。

過度な食事制限や運動は薄毛を誘発するのはもちろん身体にも負担がかかりますし、なにより「キツイ」と感じるダイエットは長続きしません。身体へのダメージばかりが目立ち、リバウンドが多いのも無理なダイエットの特徴。

理想は無理がない範囲で少しの食事制限と適度な運動を行うこと。特に太っているわけではなく減らす目標体重が少ない場合は食事制限は行わなくてもよいかもしれません。

現在どの程度のカロリーを摂取しているかにもよりますが、基本的にはお菓子や間食といったものから減らし、3食の食事に関しては野菜、脂質、たんぱく質をバランス良く摂り入れ、過度な炭水化物の摂取は避けましょう。

可能であれば大まかにカロリー計算を行い、1日1500~1800キロカロリーに抑えるのが理想といえます。大雑把でもカロリー計算をすることで食事を抑えようという意識が生まれやすくなるのもメリット。

これと同時に30分くらいのウォーキングや、テレビを見ながらのエアロバイクなど軽い運動を取り入れることで無理や負担なく痩せられますし、薄毛になるリスクも大幅に減るでしょう。

1ヶ月の体重減少は2kgまでに抑える

急激な体重減少はそれだけで身体に負担をかけホルモンバランスも崩れがちになります。よほど太っていない限り1ヶ月の体重減少量は最大でも2kg程度に抑えたほうが好ましい。

1kgの脂肪を燃やすのに7200キロカロリー消費する必要があります。今までの生活から1日200キロカロリー余分に消費、もしくは摂取カロリーを減らせば1ヶ月ちょっとで1kgのぜい肉が取れる計算になりますので参考にして下さい。

逆に考えると1ヶ月で2kgの脂肪を落とすには、摂取カロリーより消費カロリーを1日平均500kcal多くする必要があります。これは相当な負担と言っても差し支えないレベル。だからこそ1ヶ月2kg以内に抑えたほうが良いのです。

太っている女性は薄毛になる傾向があるため、ダイエットによってスラっとした外見と美しい髪を取り戻すのは理想的といえる。

しかし、無理なダイエットを行うと髪の毛が減ったり肌が荒れたりと逆効果になる可能性がありますし、そもそもそんなダイエットは長続きせずリバウンドのリスクが高まるばかり。

辛いと感じない程度の緩めのダイエットを長く続けるつもりで取り組みましょう。

女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事