女性用育毛剤と男性用と比べどう違うのか?

女性は男性用の育毛剤を使わないほうが良いのか?

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い 女性が薄毛や抜け毛に悩んでいる場合、育毛剤を使うという選択肢が入ってくると思います。

そんな時、普通ならマイナチュレベルタ育毛剤に代表されるような女性用の育毛剤の中から自分に合いそうなものをピックアップするでしょう。

そう、当然ながら男性用の育毛剤は選択肢に入らないわけですが、実は男性を対象としているように見える育毛剤の多くは「男女兼用」であり、女性も問題なく使えるものになっています。

しかしネットなどで調べてみると「女性は男性用や男女兼用の育毛剤を使うべきではない」とする意見が多くなっており、確かに女性であれば女性用を使えば間違いないような気もしますが、様々な育毛剤を見てきた私としては「女性は女性用育毛剤を使うべき」は必ずしも正しくはないと感じています。

男性用や男女兼用育毛剤がダメだと言われる理由

なぜ女性が男性用育毛剤を使ってはいけないのか? 女性が男性用育毛剤や男女兼用の育毛剤を使ってはいけないと言われるのは「女性と男性で薄毛のメカニズムが異なる」という理由があるからです。

男性の薄毛は遺伝や体質から来ている場合が多く、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結びつき生まれるジヒドロテストステロン(DHT)が毛髪の成長を阻害して起こるのが世に言う男性型脱毛症(AGA)です。

一方で女性の薄毛は男性ホルモンが影響する事はあまりなく、多くは生活習慣や食生活の乱れ、過度なストレスなどといった複合的な要因でホルモンバランスが乱れる事や頭皮環境の悪化による薄毛ですから、男性の薄毛とはそもそもの仕組みが異なります。

ゆえにプロペシアのような5αリダクターゼの働きを阻害しジヒドロテストステロン(DHT)を生み出しづらくするような発毛剤は効果が望めず、それどころかプロペシアの主成分であるフィナステリドは妊婦にとって非常に危険な薬となっています。(詳細はこちら

また女性にも効果がある唯一の発毛剤でありリアップなどに配合されているミノキシジルも男性用と女性用では含有量が違い、女性の場合少量のミノキシジルでも効果が望めるため副作用を減らす意味合いもあって、リアップを例に取れば男性用が5%配合なのに対し女性用は1%と少なくなっています。

当然これも女性が男性用のミノキシジル外用薬を使えば副作用のリスクを高める事になりますので推奨できない事になります。

このように男性と女性の薄毛のメカニズムの違いにより適切な成分や量が異なるため「女性は男性用や男女兼用の育毛剤を使うべきではない」とされるのです。

■女性と男性の薄毛のメカニズムが異なるため、必要な成分や量も異なる
■男性用のプロペシアやミノキシジルといった発毛剤は使うべきではない

育毛剤は女性が使っても問題ない

ただ、「男性用や男女兼用育毛剤は使うべきではない」というのは少し間違っていて、正しくは「男性用の発毛剤は使うべきではない」です。

プロペシアに代表されるフィナステリド内服薬もミノキシジルも世界で発毛の効果が立証された医薬品の「発毛剤」であり、厳密には「育毛剤」ではありません。

育毛剤のほとんどは厚生労働省で「育毛剤と名乗っていいよ」とお墨付きをもらった医薬部外品であり、女性用で大人気のマイナチュレベルタ育毛剤も男性用育毛剤で大人気のチャップアップもイクオスもブブカもみんな育毛剤です。

これらの育毛剤、基本的に女性用も男性用も大きな違いはありません。

もちろん細かい成分で女性用は美容成分や保湿成分を優先させたりといった事はあるものの、厚生労働省認可の育毛剤を名乗る上で必ず必要になる有効成分は男性用も女性用も多くがセンブリエキスとグリチルリチン酸を使用し、差別化を図る上で重要になるその他の成分も男女共にコンブやアミノ酸を押し出す事が多く、大きな差異はありません。

なぜそうなるかというと、育毛剤に使われる成分のほとんどはプロペシアやミノキシジルと違い直接髪を生やす成分ではなく保湿や抗炎症作用によって頭皮環境を改善する事が目的の成分で、それによって発毛を促す、いわば「間接的」な発毛促進だからです。

それを理解している女性はあえて女性用の育毛剤を使わず亜鉛やノコギリヤシといった育毛に有効な成分が多数入っているサプリメントが付属する男女兼用の育毛剤であるチャップアップやイクオスを使用し薄毛を改善していたりします。

■女性用の育毛剤も男性用も成分的には大きく変わらない
■サプリメント付の男女兼用育毛剤をあえて使用し薄毛改善に繋げる女性も

育毛剤単体で見るなら女性用を使う方がベター

男性用は高い効果を持つ育毛剤も多いものの、女性用の育毛剤は当然ながら女性に焦点を絞っているというアドバンテージがありますし、女性用育毛剤は男性用に比べ価格面でも抑え気味になっています。

そういった面も考慮すると女性がわざわざ男性用や男女兼用の育毛剤を使用するメリットはあまり無いのですが、前述した男女兼用の育毛剤で非常に人気の高いイクオスやチャップアップは定期コースで購入すると育毛に有効なサプリメントが付属するという大きなメリットがあります。

特にイクオスは後発の育毛剤とあってサプリメントが付く定期コースでも価格は税込6,800円と抑えられており、男性にも女性にもおすすめできる育毛剤になっています。

ネットなどで目にする「女性は男性用育毛剤を使うべきではない」というのはプロペシアやミノキシジルのような発毛剤を差している場合が多く、育毛剤の中でも「男性用」とハッキリ銘打っているものならまだしも、男女兼用のものは女性が使っても全く問題はありませんし、場合によってはそちらの方が女性用より効果を発揮する可能性もあります。

当サイトは女性に向けた育毛サポートを行っているので紹介する大半の商品は女性専用や女性向けのものですが、十分に効果が見込めると判断したものに関しては男女兼用のものも紹介しておりますので、万が一女性用の商品での効果に限界を感じているのであれば男女兼用の育毛剤などを検討するといった選択も視野に入れるべきかもしれません。

おすすめ育毛剤


マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回価格 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。女性の髪の成長に必要な計41種の成分やお求め安い価格、180日間の全額返金保証などで高い効果と信頼性を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ 無添加育毛剤マイナチュレの公式サイトへ
ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回価格 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる女性用育毛剤パントガールの成分そのままに馬プラセンタとコロストラムを配合。体の内面から育毛できるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事