カークランド 女性にもミノキシジル5%の提案

女性用のミノキシジル外用薬は濃度が低い

女性にもカークランドを

発毛剤といえばプロペシアに代表される「フィナステリド」や最近日本でも正式に認可された「デュタステリド」、そしてリアップなどに配合される「ミノキシジル」の3つがあります。

しかしフィナステリドとデュタステリドは男性ホルモンに働きかける性質に加え妊婦には禁忌とされるため女性は使用することができず、唯一使える発毛剤はミノキシジルのみとなってしまいます。(→女性の薄毛治療にプロペシアは使えるのか?

そのミノキシジルは頭皮に塗布する外用薬と飲む内服薬に2分され、当サイトでも内服薬であるミノキシジルタブレットを紹介していますが、これは効果が大きい分副作用が強いというデメリットもあり万人に勧められるものではありません。

そうなるとやはりミノキシジルで万人に勧められるのは頭皮に塗る外用薬ということになりますが、女性用のミノキシジル外用薬は男性用に比べ濃度が低いという特徴があり、また安いものが存在しないという点が挙げられます。

そんなこともあって私は「カークランド」という男性用のミノキシジル外用薬をおすすめしたいと思います。

なぜ女性用のミノキシジル外用薬は濃度が低いのか

主に男性が使うミノキシジル外用薬のもっともポピュラーな濃度は5%で、これは世界的に有名なロゲインや日本のリアップX5が当てはまります。

一方、女性向けのミノキシジル外用薬には「リアップリジェンヌ」と「女性用ロゲイン」が存在しますが、ミノキシジル濃度はリアップリジェンヌが1%、女性用ロゲインが2%となっています。

女性用のミノキシジル外用薬の濃度が低い理由として女性の場合男性より低い濃度でも十分な効果が認められるためとしており、濃度を高くし副作用のリスクを高めずとも十分効果が出るから…というものです。

男性の薄毛原因の多くを占めるのが遺伝なのに対し、女性の場合は生活習慣や食生活の乱れからくるホルモンバランスの乱れが大きな要因で男性の薄毛に比べて原因が強固ではなく治しやすいため、こういった措置が取られているのです。

ただ、女性用を1~2%にしなければいけないほどミノキシジル外用薬の副作用は強いものなのでしょうか?

■女性用のミノキシジル外用薬は濃度が低い
■濃度が低い理由は男性ほど原因が根強いものではないため

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジルというのはそもそもが高血圧の人に向けた治療薬で血管拡張作用があります。

そのためミノキシジル内服薬であるミノキシジルタブレットを服用した場合はめまいや低血圧、動悸、多毛症などの副作用が出る恐れがありますが、それはあくまでも「飲み薬なら」というもの。

頭皮に塗布する外用薬の場合それらの副作用の心配はほとんどなく、ほとんどは頭皮のかゆみなど塗った部分に対するものに限定されます。

それは外用薬すべてに当てはまる共通の副作用でもあり、どんな育毛剤にもそのリスクは存在するため、ミノキシジルを1%にしようが5%にしようがそのリスクはほとんど変わりませんし、また内服薬の副作用と違い深刻なものでもありません。

だからこそ私は高価で濃度の低い女性用のミノキシジル外用薬ではなく、男性用で安価なカークランドをおすすめするのです。

■めまいや低血圧などミノキシジル特有の副作用は外用薬ではほとんど出ない

カークランドとは? 最大の魅力は価格

カークランドとはアメリカの製薬会社が製造する世界的に有名なミノキシジル外用薬である「ロゲイン」のジェネリック的な位置づけで、同じくアメリカの会社が製造しておりミノキシジル濃度はロゲインやリアップX5と同様に5%となっています。

カークランドの最大の魅力はなんといってもその価格で、カークランドとロゲイン、リアップX5に加え、女性用ロゲイン、リアップリジェンヌの価格を比べてみると…

商品名 濃度 内容量 価格 1本当たりの価格
カークランド 5% 60ml×2 3,150円 1,575円
ロゲイン 5% 60ml×2 5,224円 2,612円
女性用ロゲイン 2% 60ml×2 5,335円 2,667円
リアップX5 5% 60ml 7,600円 7,600円
リアップリジェンヌ 1% 60ml 5,339円 5,339円
(2016年10月現在)    

このようにカークランドは圧倒的に安く、それにロゲインが続き、日本のリアップがいかに高いかが見て取れると思います。

カークランドやロゲインはインドやタイなどで作られる若干怪しいジェネリックとは違いアメリカという世界第一位の先進国で作られており、実際カークランドはアメリカ発の巨大倉庫店であるコストコでも売られています。

つまり日本のリアップはぼった(自主規制)。

■カークランドはリアップはもちろんロゲインと比べても圧倒的に安い
■製造メーカーはアメリカであるため信頼性は高くコストコでも売られている

女性へのカークランドのすすめ・総評

ネット上では「女性は5%のミノキシジル外用薬を使ってはいけない」という文言がほとんどを占めていますが、その理由のほとんどは副作用に対するもの。

しかし前述のとおりミノキシジルとはいえ外用薬での副作用はかゆみやかぶれといったもので内服薬のような血管に作用する副作用はほとんど考えられず、それを言ったら「ミノキシジル5%の外用薬が使えないのになんで効果も副作用も強力なミノキシジルタブレットは使えるんだ?」という話になってきます。

最近ではアメリカの食品医薬品局(FDA)でも女性に対してミノキシジル5%はより有効だと認めており、実際アメリカではミノキシジル5%配合の女性用発毛剤が販売されています。

女性は頭皮がデリケートなので男性用は向かない」という懸念もないわけではありませんが、育毛剤では男女兼用のものも多く男女の頭皮で副作用が明確に違うというのはちょっと考えにくいのではないでしょうか。

ただし、ミノキシジル外用薬は頭皮に塗布するという性質上濃度が2%であろうが5%であろうが劇的な効果は望めないので、手ごわい薄毛に悩む女性はパントガールルグゼバイブミノキシジルタブレットといった内服薬と併用している方が多くなっています。

日本のAGAクリニックでは女性に対しミノキシジル外用薬とパントガールやルグゼバイブを併用させる医院が多く、副作用と効果のバランスを考えればこの組み合わせがベストなのかもしれません。

カークランド5%の詳細

おすすめ育毛剤


マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回価格 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。女性の髪の成長に必要な計41種の成分やお求め安い価格、180日間の全額返金保証などで高い効果と信頼性を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ 無添加育毛剤マイナチュレの公式サイトへ
ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回価格 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる女性用育毛剤パントガールの成分そのままに馬プラセンタとコロストラムを配合。体の内面から育毛できるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事