ミノキシジルは女性が唯一使える発毛剤

女性が使える唯一の発毛剤「ミノキシジル」

ミノキシジルをご存知ですか?

薄毛に悩む男性の間では“超”が付くほど有名な成分で、世界的に「髪の毛が生える」とハッキリ認められた成分は今のところプロペシアなどに使われるフィナステリドとミノキシジルの2種類しかありません。

薄毛に悩む男性が最終的に辿りつくのがプロペシアとミノキシジルである一方、「女性の薄毛治療にプロペシアは使えるのか?」というページでも詳しく取り上げていますが、女性はプロペシアなどのフィナステリド内服薬は使えません。

ならばミノキシジルはどうか?

効果の高いミノキシジルを使えれば女性の薄毛治療の大きな力になってくれると思われますので、ミノキシジルに関するいくつかの情報を詳しく書いていきたいと思います。

ミノキシジルは女性も使えるのか?

まず結論から書くと、プロペシアと違いミノキシジルは女性にも使えます。

そしてミノキシジルは頭皮に塗布するミノキシジル外用薬と服用するミノキシジルタブレットがあります。ミノキシジルタブレットに関しては「ミノキシジルタブレットを女性が使ったらどうなる?」で詳しく取り上げますので、ここではミノキシジル外用薬について書いていきます。

プロペシアは女性には使えないのになぜミノキシジルは使えるのかというと、この2つはどちらも効果の高い発毛剤である一方その作用はまったく違うからです。

プロペシアは簡単に言うと男性ホルモンに働きかけ薄毛を防ぐため、10分の1程度しか男性ホルモンを持たない女性に効果は無く、また男児を妊娠している方には非常に危険な薬なので女性は使うべきではないとされています。

一方のミノキシジルは元々が血管拡張薬であり、その副作用の1つとして体中の毛が濃くなる「多毛症」があり、その多毛症が注目され発毛剤に転じたという経緯があります。

多毛症は男女問わず出る作用なので女性にも効果があるのです。

勘のよい方はお気づきだと思いますが、元々が高血圧患者向けの血管拡張薬であるため副作用として低血圧やめまい、そして多毛症は髪の毛のみならず体毛まで濃くしてしまう恐れがあります。

しかしここで取り上げている頭皮に直接塗布するミノキシジル外用薬の場合はそういった副作用はほとんどないので、安心してください。

■プロペシアなどのフィナステリド内服薬は絶対に女性が使うべきではない
■ミノキシジルの発毛作用はそもそもが「多毛症」なので女性にも効果がある
■副作用の恐れがあるミノキシジルも外用薬ではその心配はほとんどない

女性の使えるミノキシジル商品って?

ミノキシジルは薄毛に悩む方には非常に有名な治療薬である一方、プロペシアのように病院で処方される事はなく日本国内にミノキシジルを使った医薬品は大正製薬の「リアップ」のみになります。

なぜ民間の製薬会社がミノキシジルというドル箱を独占しているのかについては、薬事法やら厚生労働省やらが色々と関わっており説明すると長くなるので割愛しますが、そんな状況からかリアップは非常に高価な発毛剤となっています。

そしてリアップには女性用のリアップリジェンヌというものがあるものの、こちらも価格は高く、多くの方が利用する個人輸入を用いた海外の製品を用いた方が効果が高い上に価格も半額程度で済みます。

女性の場合少ないミノキシジル含有量で効果が出る事が知られ、そのため女性用は副作用などを考慮し男性用よりミノキシジル含有量が少なくなっているおり、ゆえに様々な種類がある男性用に比べ女性用は少なくなっています。

私が知る限り海外製の女性用ミノキシジル外用薬はアメリカの製薬会社が作る「ロゲイン」しかないので、大正製薬のリアップリジェンヌと女性用ロゲインを比べてみたいと思います。

女性用のリアップとロゲインの比較

男性用のミノキシジル外用薬のほとんどは含有量5%以上となっているのに対し、少量でも効果の出る女性向けのミノキシジルはリアップで1%、女性用ロゲインで2%となっています。

商品名 ミノキシジル濃度 内容量 価格
リアップリジェンヌ 1% 60ml 5,000~5,500円
女性用ロゲイン 2% 60ml×2 6,000円前後
(2016年1月現在)    

価格を比較してみると、リアップリジェンヌが60ml1本で5,000~5,500円くらいなのに対し女性用のロゲインは60mlが2本で約6,000円と半額近い価格になっており、濃度に関してもリアップリジェンヌの倍。

ロゲインはアメリカの大手製薬会社が製造し他社がこぞってジェネリックを作っているくらい有名なブランドですから信頼性という面でも問題はありません。

気になる副作用は、頭皮に直接塗布するミノキシジル外用薬では多くの場合「かゆみ」や「発疹」に留まり、めまいなどを引き起こすケースは非常に稀です。

それでもマイナチュレヴェフラのような育毛剤に比べれば副作用の心配は高まります。

個人的にはとにかく効果を重視したいという方は成分的にも価格的にもロゲインを使うべきで、育毛剤や発毛剤が初めてという方や副作用が気になるという方はヴェフラのような成分量が多い一方で価格を抑えている育毛剤をおすすめします。


女性用ロゲインの詳細

リアップリジェンヌの詳細


おすすめ育毛剤


マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回価格 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。女性の髪の成長に必要な計41種の成分やお求め安い価格、180日間の全額返金保証などで高い効果と信頼性を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ 無添加育毛剤マイナチュレの公式サイトへ
ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回価格 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる女性用育毛剤パントガールの成分そのままに馬プラセンタとコロストラムを配合。体の内面から育毛できるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事