更年期は女性ホルモン急減によって薄毛に

女性であれば避けられない更年期

更年期の女性 女性は40代に入ると徐々に更年期に入り始め、50歳くらいで閉経を迎える女性が多くなります。

この更年期は女性の体に様々な変化をもたらし、体のほてりや頭痛、めまいから倦怠感やイライラといった非常に多くの不調を引き起こします。

そしてそれはそれは心身の不調に留まらず、抜け毛の増加や薄毛など髪の毛にも悪影響があります。

女性にとって髪の毛は非常に重要なもので、いつまでも美しくありたいと思うもの。更年期はそんな髪の毛にどういった影響を及ぼすのでしょうか?

なぜ更年期や閉経は髪に悪影響を及ぼすのか?

男性も女性も年をとれば体の様々な場所が衰え、それは髪の毛も例外ではありません。

40代といえば明らかに体力が落ち肌などを含め様々な場所に衰えを感じる年ですから当然髪の毛もそれに準じるものの、時期を同じくして起こる更年期はその衰えをさらに加速させます。

髪の毛の成長には女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が深く関わっており、このエストロゲンが太く美しく健康な髪の毛を生み出すと言っても過言ではありません。

そのエストロゲンの分泌は20代半ばをピークに減少に転じるのですが、更年期が始まる40代半ばから減少のスピードが上昇します。

女性ホルモンの分泌量

薄毛を気にしだす女性が急増するのも40代からで、更年期によるエストロゲン減少が大きな要因になっているのは間違いありません。

もちろん更年期だからといってすべての女性が薄毛になるわけでは決してありませんが、元々髪の毛が少な目の方や食生活や生活習慣が乱れがちの方などは更年期の影響で「薄い」と感じるレベルになってしまう可能性があります。

 ■太く美しい髪の成長に必要な女性ホルモン“エストロゲン”
 ■女性ホルモンは20代半ばをピークに減少し更年期でそのスピードを上げる

更年期による薄毛や抜け毛を防ぐには?

女性である以上更年期は絶対に避ける事はできません。しかし更年期を無くす事は無理でも更年期による薄毛を抑える方法はたくさんあります。

まずは更年期障害の症状を抑えるという観点から、それに有効な大豆イソフラボンや各種ビタミン、亜鉛といったものを積極的に摂取するべきでしょう。

イソフラボンや亜鉛、ビタミンなどは髪の成長にも欠かせない成分で、育毛オールインワンサプリであるマイナチュレサプリBOSTONレディースにもしっかり配合されているので、薄毛の治療と更年期障害の軽減という観点からこれを利用する方法があります。

更年期障害は女性ホルモンの急減が主な原因の体の不調であるため、ホルモンバランスを乱す生活習慣や食生活の偏り、乱れを見直す事で更年期障害の軽減が図れます。

育毛剤などの使用を考えるなら、マイナチュレなど頭皮に塗布する育毛剤も効果はありますが、できればパントガールルグゼバイブのような飲む育毛剤の方が必要な栄養素を補うという点でもおすすめです。

絶対に避ける事が出来ないのに辛い更年期。

更年期障害の辛い症状に加え薄毛という踏んだり蹴ったりな状況にならないためにも生活習慣の改善やケアを怠らないようにして下さい。


おすすめ育毛剤


マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回価格 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。女性の髪の成長に必要な計41種の成分やお求め安い価格、180日間の全額返金保証などで高い効果と信頼性を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ 無添加育毛剤マイナチュレの公式サイトへ
ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回価格 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる女性用育毛剤パントガールの成分そのままに馬プラセンタとコロストラムを配合。体の内面から育毛できるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事