女性の薄毛治療にプロペシアは使えるのか?

男性の薄毛治療で大きな効果を発揮しているプロペシア

女性のプロペシア使用は? 男性の薄毛治療において医学的にその有効性が認められているのはプロペシアなどのフィナステリド内服薬とミノキシジルの2点のみとなっています。

これら以外にも効果の期待できる育毛剤は数ありますが、あくまでも“医学的”に効果を実証された成分はフィナステリドとミノキシジルしかないのが実情です。

その2つの中で皮膚科やAGA専門外来などの医療機関で処方される唯一の薬がプロペシアで、個人輸入で買えるフィンペシアやフィンカーなども合わせ、高い効果が期待できるこれらフィナステリド内服薬を使っている薄毛の男性は非常に多くなっています。

「そんな効果の高い治療薬なら私たち女にも使わせてよ!」

…と女性が思うのは当然の流れだと思いますが、女性はプロペシアなどのフィナステリド内服薬は使えるのでしょうか?

女性にプロペシアは使える?

結論から言うと女性にプロペシアなどのフィナステリド内服薬は使えません。

「使えません」というより「使ってもあまり意味はない」と言った方が正しく、そもそもフィナステリドは男性の前立腺肥大の治療薬として開発された薬なので、女性が使う事は元々想定していないのです。

プロペシアの成分であるフィナステリドは前立腺肥大の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害する効果があります。

このジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼが結びついて生まれるもので、男性型脱毛症(AGA)の大きな原因となる物質でもあります。

つまり男性ホルモンが男性の10分の1程度しかない女性には効果が望めず、そもそも女性の薄毛の原因の多くは生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどから引き起こされる女性ホルモンの減少に起因し、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)はあまり関係していません。

飲んでもほとんど効果が望めない上にプロペシアにはそれなりの副作用があり、仮に妊婦の方であれば非常に危険な薬になってしまいます。

 ■フィナステリドは元々前立腺肥大の薬なので女性の服用は想定していない
 ■男性ホルモンが少ない女性はプロペシアを飲んでもほとんど効果がない

妊婦はプロペシアなどに近づいていてもいけない

上記のように女性の薄毛にはほとんど効果を示さないどころか副作用ばかりが目立つ結果にもなりかねないプロペシアなどのフィナステリド内服薬。

特に注意しなければならないのが妊娠している女性で、妊婦の方はプロペシアを飲むのはもちろん近づいたり触ったりする事も禁じられています。

なぜそんな物騒な話になっているのでしょうか?

フィナステリド内服薬が前立腺肥大の薬だという事は上でも書きましたが、副作用として性欲の減退や勃起障害(ED)が挙げられ、もし妊婦の方がこれを体内に取り込んでしまい、かつ胎児が男児だった場合胎児の生殖器に異常が引き起こされる可能性があるのです。

「だからって触れてもいけないっていうのは大げさじゃない?」

そう感じるかもしれませんが、フィナステリドは肌から吸収される可能性もありますし、触って手に残ったフィナステリドの成分が食べ物などを介し体内に入る危険性もあるため万が一にも影響を受けないように「触れてはいけない」とされているのです。

■妊婦がフィナステリドを体内に取り込むと男児の生殖器に発達障害の恐れ
■飲まないのはもちろん触れることも避ける事

もし旦那様がプロペシアなどを使っていたら

薬の分割はダメ 女性がプロペシアなどに接する機会として一番多いと思われるのが旦那様などのご家族が使用している場合だと思います。

もしそういった状況であれば妊娠期間中だけでも使用を控えてもらうか、服用時には外に行ってもらうなどの対策を取った方が良いでしょう。

最も怖いのは何らかの理由で錠剤を分割して服用している場合です。

例えば1錠では効果が強すぎるのでピルカッターなどにより分割している場合で、フィンカーやプロスカーというフィナステリド内服薬はプロペシアの5倍にあたる5mgを含有する薬で、これを4分割し服用する事で非常に安価になるとあって密かに人気の商品です。

本来はコーティング剤で覆われ成分が露出していない薬も、分割する事で成分がむき出しになる上にその衝撃でフィナステリドが飛散します。

非常に細かい粒子は空中を漂い、床に落ちたとしても風や人間の動きなどにより再び舞い上がり妊婦の体内に入る危険性があります。

妊娠している女性でご家族がプロペシアなどを使っている場合は細心の注意を払い、絶対に分割はさせないように心がけて下さい。

もし女性が男性と同じレベルの薄毛治療や対策をしたいのであれば選択肢はミノキシジルになってくると思いますが、こちらも元は高血圧患者向けの血管拡張薬とあって副作用の心配があります。

デリケートな女性がわざわざ副作用の危険を犯してまでミノキシジルを使わずとも、女性用の育毛剤であれば副作用の心配もありませんし、比較的リーズナブルで効果の高いものが多く出ているので、まずはそちらを試してみるべきでしょう。

おすすめ育毛剤


マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回価格 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。女性の髪の成長に必要な計41種の成分やお求め安い価格、180日間の全額返金保証などで高い効果と信頼性を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ 無添加育毛剤マイナチュレの公式サイトへ
ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回価格 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる女性用育毛剤パントガールの成分そのままに馬プラセンタとコロストラムを配合。体の内面から育毛できるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
女性育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事